入れ歯治療

金属床義歯

金属床金属床義歯は、床の厚みが保険適用のレンジ義歯より薄く、口腔に密着します。
そのため、食べ物の温度が伝わりやすく、美味しさを味わうことができるようになったと、感謝のお言葉をいただくことも多い義歯です。
白金・金など貴金属を使用したものや、チタン合金やコバルト合金を使用した高性能の床が開発されています。 症例によって価格が変わります。

フレキサイト

フレキサイト金属製のバネの代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支える入れ歯です。 そのため、口を開けてもバネが見えないので、審美性に大変優れ、他の人に入れ歯であることが気づかれにくくなります。
さらに、破折に強い素材で、半透明なので歯ぐきの色調と同化します。これらが今までの部分入れ歯とまったく違うところです。
奥歯がない方に使用する義歯や片側・両側どちらも可能です。 非常に小さくでき、かつ精密に作られるため、違和感が少ない、快適な入れ歯です。 また、支台の歯を大きく削らないこともメリットです。
但し、欠点として修理が難しいので問題があった場合は、作り直しになります。

Copyright © いまむら歯科矯正歯科 .All Rights Reserved.